【訃報】鮎川誠さん死去 思い出される探偵ナイトスクープの名作

鮎川アイキャッチ画像

ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカルでギターの鮎川誠(あゆかわ・まこと)さんが29日午前5時47分、
膵臓がんのため東京都の自宅で死去したと、30日、公式サイトで発表されました。享年74歳。

鮎川さんと言えば、人気番組「探偵ナイトスクープ」での神回と呼ばれた出演シーン。

そんな名作を振り返ってみます。

どうぞご覧ください!

スポンサーリンク
目次

「シーナ&ロケッツ」鮎川誠さん

鮎川誠さんは福岡県久留米市出身。

「めんたいロック」草分けの1人として1970年代から活躍し、「ユー・メイ・ドリーム」などのヒット曲を出しました。

2015年に最愛の妻シーナさんに先立たれましたが、遺志を継いで「シナロケ」の活動を続けました。

公式サイトの発表によると、鮎川さんは昨年5月に膵臓がんが判明し、医師からは「余命5カ月程」という宣告を受けていました。

それでも「みんなに心配をかけたくないという強い希望から一切病気を公表せず」に全国ツアーを続行されました。

「昨年末激しい腹痛により一時入院となるも、この1ヶ月間は医師の治療の下、ライブ復帰を目指して自宅で懸命に家族と回復に努めておりました」と伝えられました。

鮎川誠さんと「神回」ABC探偵ナイトスクープ

私は、鮎川さんと言えば、ABC朝日放送の人気番組『探偵ナイトスクープ』を一番に思い出します。

2020年5月1日に放送されたもので、『亡き父にそっくりな鮎川誠』は、兵庫県に住む小林恭子さんの
「亡き父にそっくりなロックバンド『シーナ&ロケッツ』の鮎川誠さんに父の代わりをしてもらい、思いっきり甘えてみたい」という依頼から生まれました。


父が亡くなった後、祖母が鮎川さんをテレビで見て、息子だと錯覚し「正明〜!」と名前を叫んで号泣するくらいの激似。

鮎川さんに父の代わりをしてもらって、思いっきり甘えてみたい。母や姉も思っている“家族全員の願い”、というものでした。

依頼主の元にサプライズで登場した鮎川誠さん

その依頼主の元にサプライズで登場した鮎川さんに、依頼者たちの希望で、亡き父・正明さんに扮して、仕事から帰って家でくつろぐ疑似体験をすることになります。

鮎川さんが正明さんの形見の着物を着て、父が吸っていた銘柄と同じたばこを吸うなどしていくうちに、まるで本当の一家団らんのような雰囲気に。

鮎川さんは、”娘”恭子さんに「いい子たちだね、自慢だよ」、”妻”美智子さんには「ここまでよく頑張ったね」と声をかけ、優しい言葉に美智子さんは号泣。

家族全員が鮎川とハグを交わし、依頼人の夢を叶えたという回でした。

【訃報】鮎川誠さん死去 思い出される探偵ナイトスクープの名作 まとめ

局長のダウンタウン・松本人志さんもグッときたようで、「依頼者は娘さんなんやけど、お母さんが喜んでいるのを見ると、ちょっときちゃうね……」とコメントしていました。

私も今でもはっきりと覚えているまさに名作であり『神回』だったと思います。

鮎川誠さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次