【WBC】侍ジャパン宇田川優希のWiki経歴や学歴・球歴徹底調査!

宇田川アイキャッチ画像

WBC日本代表では「シンデレラ侍」と呼ばれ、ダルビッシュ有投手が中心として、「宇田川会」とか「宇田川JAPAN」とかいう風言われました。

今回は、その宇田川優希投手のWiki経歴や学歴・球歴を調べてみました。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク
目次

宇田川優希のWiki経歴

初めて選ばれた日本代表で、なかなかチームに馴染めなかったこの宇田川投手をダルビッシュ有投手を中心にして、みんなで盛り立ててる「宇田川会」

その話題がマスコミで大きく取り上げられていますが、2020年の育成ドラフト3位指名で仙台大学からオリックス・バファローズに入団。

年俸240万円で入団1年目はファームでもわずか1試合だけの登板で、2年目の7月28日にようやく支配下登録された投手が、日本代表に選ばれました。

その投手が、このオリックス・バファローズの宇田川優希投手なんです。

名前宇田川 優希うだがわ・ゆうき
生年月日1998年11月10日日本人の父とフィリピン人の母の間に出生
年齢24歳
身長184cm
体重94kg
投打右投右打
出身地埼玉県越谷市
出身小学校越谷市立宮本小学校宮本ジャイアンツ
出身中学校越谷市立西中学校軟式野球部
出身高校埼玉県立八潮南高等学校硬式野球部
出身大学仙台大学硬式野球部
ポジション投手


2020年ドラフト会議でオリックス・バファローズから育成ドラフト3位指名され入団。

契約金300万、年俸240万。

背番号は013。

支配下登録:2022年7月28日。背番号96。

プロ初登板:2022年8月3日 対埼玉西武ライオンズ18回戦(ベルーナドーム)

8回裏に登板し1イニングを打者3人を無安打2奪三振無四球無失点デビュー

プロ初奪三振もこの時に、埼玉西武の主砲山川穂高選手から奪いました。

プロ初勝利:2022年9月8日 対埼玉西武ライオンズ25回戦(ベルーナドーム)

2022年 19試合登板、22回1/3を投げ2勝1敗3ホールド。奪三振32、防御率0.81。


クライマックスシリーズ:2試合登板、3回を投げ打者11人に対し被安打1、奪三振4、防御率0.00。

日本シリーズ:4試合登板 1勝0敗、5回2/3を投げ打者24人に対し、被安打5、奪三振10、防御率0.00。

育成契約選手として初めて2023ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。背番号26。

宇田川優希の学歴

宇田川優希の出身小学校

宇田川優希選手の出身小学校は越谷市立宮本小学校です。(兄の影響で小学2年生から宮本ジャイアンツ入団)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次